Wineryワイナリー紹介

HOME  >  ワイナリー&ワイン  >  ドメーヌ・ド・ラルジョル (ラングドッグ・ルーション地方)

ラングドッグ・ルーション

ドメーヌ・ド・ラルジョル

ワイナリー

南仏ラングドック地方の中心都市モンペリエから西へ約40kmのところにある、標高250mのセヴノル山の裾野に80haの畑を所有している家族経営中心のワイナリー。大家族でもあるドメーヌ・ド・ラルジョルは、家族と仲間を大切にする、いつも笑い声の絶えないにぎやかなワイナリーです。

産地の特徴
ラングドック地方は穏やかな地中海性気候で、日照に恵まれた産地です。ドメーヌ・ド・ラルジョルの畑は主に石が混じった粘土石灰質土壌です。

大自然が家族!みんなで造ったワインです!
自然の波動を感じます。命のサイクルに感謝!

従来より、「良いワインは、良いブドウから」をモットーに、手間暇と情熱を懸けて栽培に取り組んできたラルジョル一家。最近は、ブドウ畑の中だけでなく、周りを取り囲む環境に生きるすべての動植物が密接に関係しあっているという『ビオ・ディヴェルシテ(=生多様性)』の考えの下、もっと大きな視野でブドウ栽培を行っています。

ラルジョル飲めば、前途快晴!

家族で仕事をしていると、ゴチャゴチャいろんな問題が出てくるものですが、ラルジョル一家は、それぞれが自分の役割をキッチリ自覚し、それぞれが役割をモクモクと遂行していて、その姿には感動すら覚えるほどです。個人主義のこのフランスでは、とても信じられないことです!特にここ数年は、偉大な父ルイ=マリから息子のフランソワへ、世代交代を迎えています。ここでもやはり家族のそれぞれが、まだ若いフランソワをサポートし、やがて彼を中心とした一段と強い結束を築き上げてきました。ラルジョルは今後も安泰です!

★常に世界で飲む人の状況を考えながら、新しい品種や作業方法、畑の環境造り、醸造方法などを取り入れる斬新なアイデアの持ち主。バラエティ豊かなアイテムと価格設定。低価格でありながら、高品質ワインを造るトップワイナリーである。

前のページに戻る

TEL 03-3754-0404