Wineryワイナリー紹介

HOME  >  ワイナリー&ワイン  >  シャンパーニュ・ド・スーザ・エ・フィス(シャンパーニュ地方)

シャンパーニュ

シャンパーニュ・ド・スーザ・エ・フィス

ワイナリー

パリから東へ約130kmのところにあるシャンパン街道拠点の町、エペルネ。その南部には「コート・デ・ブラン」、日本語にすると「白い丘」と呼ばれる地区が広がっています。シャンパーニュ・ド・スーザ・エ・フィスは、特級に格付けされた畑が連なるコート・デ・ブラン地区のほぼ中心にあるアヴィーズ村に蔵を構えるシャンパーニュ生産者です。「レコルタン・マニピュラン」といわれる、ぶどう栽培から製造までを自社で手がける生産者で、家族経営の小さな蔵元です。

産地の特徴
北緯49度、フランスでも最北部に位置するこの産地は、冬は寒く、雪が積もることも珍しくありません。年間の平均気温は10℃と、ぶどうの栽培環境としては厳しい気候条件ですが、地理的な特性によってそれを補っています。シャンパーニュ地方独特の白亜質の地層は水はけがよく、ミネラル分を豊富に含んでいます。また、ぶどう畑の多くが丘陵地にあるため、十分な日照が得られることも、よいぶどうを育てるための大事な要素となっています。

暖かい人が造る切れ味バツグンのシャンパーニュ!
馬が耕す畑から造るシャンパーニュ!

2年前からトラクターでなく、馬を使って耕しているので土壌に圧力がかからずフカフカになる。まるで『青いジュータン』の上を歩いているよう・・・。雑草も働き手です!微生物大集合!びっしりと生えた雑草の根が土壌に空気を送り込んで、さらにフカフカにしてくれる。フカフカだからミミズや微生物が生きやすく、一層フカフカにしてくれる。素晴らしい循環だ!

「旨味ミネラル」タップリで和食に合う!
ド・スーザのプレミアムシャンパーニュ「コダリー」のブドウの樹齢はなんと70歳や58歳!この古木の根っこは深く「クレ」と呼ばれる岩盤の中にまで伸びている。この根っこがアヴィーズ村の豊富なミネラルを吸い上げ、ブドウにタップリの旨味を与えてくれる。真のシャンパーニュの美味しさは、まだガスのない原酒の美味しさに由来する。ド・スーザは、既にこの段階で別格に旨いのである。

2億年前の海の味わいが生きている!あ~寿司が食べたい!
古代生物の味わいを確かめたい!

石灰岩のシャンパーニュ地方の中でもこの「アヴィーズ村」は2億年前のアンモナイトの化石がゴロゴロ発見される土地。よりミネラル分が多く眠っている土壌だ!

前のページに戻る

TEL 03-3754-0404