Wineryワイナリー紹介

HOME  >  ワイナリー&ワイン  >  ジャン・ダヴィット(コート・デュ・ローヌ地方)

コート・デュ・ローヌ

ジャン・ダヴィット

ワイナリー

フランス東南部のリヨンからアヴィニョンまで南に約200kmにわたって続くローヌ河の両岸をコート・デュ・ローヌ地方と呼びます。南北に長いため南部と北部ではワインの性格も異なりますが、フランスが誇る優秀なワインを産出する地方です。ドメーヌ・ジャン・ダヴィッドは、コート・デュ・ローヌ地方南部の街オランジュから、北東へ約20kmほど行ったセギュレ村にあります。周囲を小高い山に囲まれた小さな村ですが、フランスで最も美しい村にも指定されているほど、素晴らしい村です。

産地の特徴
コート・デュ・ローヌ地方南部は地中海性気候で、「ミストラル」と呼ばれるローヌ渓谷を吹きぬけてくる強い北風の影響を受けるということが特徴的です。冬は非常に寒くなり、年間を通して空気はとても乾燥しています。

参考書なんていらないっ 畑がすべて!

ジャンはワインの学校には行っていません。小さい頃から懸命に畑仕事をする父親を見て育ち、すべてを畑で学んできました。彼のワインの美味しさの秘密は、自然の恵みを体中で感じながら、常にブドウ樹に向き合う姿勢です!醸造学校は、涼しい造りをしたければ「除梗」「低温熟成」しろと言うが、ジャンはせずに、全てを自然に任せている。任せられるのは、土壌が良いからだと思っている。まさに自然だ。「醸造学校なんて必要ない。行っていない。醸造学ではなく農業だ」「ワインはシンプルだ」シンプル・イズ・ベスト。と言っていた。

この笑顔、飲む人さえも笑顔にします!
とっても陽気な性格のジャン。収穫中も、食事の時も、ずーっと歌ったり踊ったり。人を楽しませるのが大好き!という彼の人柄が、ワインの中にも溶け込んでいます。

ジャンは言っています。

「ブドウは房でなっているから、そのまま入れるのが、自然だろ」「変に動かしたくないから、自然にやっている」と。樽を使うのは好きではないそうです。樽の渋味を後から付け加えるよりも、茎もブドウだから。一緒に醸して当然。分ける方が、ジャンにとっては不自然なことなのです。また、こうも言いました。「収穫する人が幸せなら、ブドウも美味しくなる。だから、収穫時は、収穫人が楽しく仕事が出来るよう、心がけている」と。「オレは、畑でワインを造っているんだ!」人がブドウに与えるエネルギーも大切と言うことですね。幸せのエネルギーも、負のエネルギーも、そのままブドウに伝わって、それがワインの良し悪しにも関係してきているのですね。

この村じゃ、自然じゃないほうが不自然だ!
土が大好き、ブドウが大好き、人が大好き!
あまり新しい変化や取り込みはしないワイナリー。収穫日も自然が決めること。ほっとけばワインはできる。自分は、毎年畑やカーヴに行きチェックするだけ。香りをかげば状態もわかるという考えの持ち主。自然任せの放任主義、自己流職人という言葉が相応しいジャン=ダヴィである。同じローヌの生産者であるジャンーポールとは全くの正反対の考えの持ち主であろう。

前のページに戻る

TEL 03-3754-0404